TAKE25!!

深い夜、ふしぎに包まれる

夜の12時を過ぎるころ、灯りを落とした部屋のカーテン越しに見える光。

引き寄せられるように、カーテンを少しだけ開けて、ため息がこぼれる。

きんいろの月、低い空を漂う、うろこのような薄雲が月の前を流れていき、月のまわりにまぁるい虹をつくる。

ただそれだけの光景。

ただそれだけで、心を満たしてくれる光景。

ベランダの戸を開けて、ひんやりとした夜の風に当たりながら、しばらく眺めていました。

それから、Youtubeでたまたま見かけた、NASAのライブ配信を観たりして。

宇宙から地球の映像、ときどき、宇宙服を着て作業している宇宙飛行士たちも映りこんだりして。

私はたしかに地球の中にいて、それでいて、外側からみた暗闇に浮かぶ地球を見ることもできるなんて。

とてもふしぎ。

地球は、白と青で覆われていて、輪郭の上の部分には青い光が輝いていて、とても美しい。

昨日の夜。

* * *

さっぱり眠れなくて、困ったなぁ、って気づけば深夜3時。

何気なくTwitterを見たら、アリアナ・グランデのツイートが目に入った。

マンチェスターでチャリティライブ、One Love Manchesterを開催するという。

日本時間の3時から、ツイッター越しに生中継。

この時間まで眠れなかったことにも、なにか意味があったのかも。

最初の1時間だけ見て、目を閉じた。

結局眠れなくて、4時32分、夜の終わりを最初に告げたのはカラスだった。

ニワトリじゃないんだな。

一昨日の夜。

* * *

今週は、ふしぎに包まれた一週間なのかもしれない。

そんな今日は、梅雨入りしたらしい。

雨といっしょに、ことばと音も降りてくる季節。

ときどき、ね。


昨年6月に公開した「Hydrangea -haro arrange-」をYoutubeの方でも公開しました♪
雨の季節、聴いていただけたら嬉しいです。

* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪
スポンサーサイト

緑のパワー

遠くに見える山、な日常。
すぐそばに大きな山が立っている、旅先での風景。
ただそこにあるだけで、癒しと、生命力を与えてくれる。
緑って、不思議だ。

* * *

先日、由布院へ行ってきました。
大分県には親戚もいるのですが、幼少の頃に一度行ったっきりで、2度目の来訪でした。
現地では(前日の豪雨が夢だったかのように)快晴だったので、レンタサイクルでもりもり寺社を巡ってみました。
とにかく坂道が多かったです、さすが山の麓。
でも、下り坂の風が気持ちよくて、右も左も緑で溢れていて、見上げたら青空で、なんだかとっても癒された気分。

IMG_20170513_144407.jpg
途中で立ち寄ったカフェ「naYa」さん。
珈琲と、メニューにあった「何かのタルト」
この日のタルトは、キャラメルとクルミのタルトでした。
美味しかったし、とてもゆっくり休憩できました♪

IMG_20170513_161252.jpg
駅を出ると、

IMG_20170513_161342.jpg
由布岳が、どーん!

旅館からも由布岳が綺麗に見えて、朝は露天風呂からも眺めることができました。
贅沢な時間だったなぁ...。
翌日は、別府ロープウェイからの遊歩道で鶴見岳山頂まで登ったり、親戚と再会したり、なかなか内容盛りだくさんな旅となりました。

1日目に訪れた大杵社境内で聴いたウグイスの鳴き声が、それはそれはとても素晴らしくて、それを聴けただけでもう、あの社まで辿り着けてよかったな、って。
ウグイス界のディーバだったんじゃないかなって、勝手に思っています。
森がいい感じのリバーブを作り出していて、聴いた瞬間に鳥肌が立ちました、鳥だけに。
ちなみに、2日目に鶴見岳山頂で鳴いていたウグイスも、なかなか良き声でした

旅先にて一眼カメラで撮った写真たちは、気が向いたときに少しずつ現像してTwitterで紹介しています。
これまでの写真と合わせて、モーメントにまとめていますので、よろしければご覧ください♪

 ◆麻弥子の勝手に写真展(クリックで新窓オープン)

* * *

最後に、嬉しいご報告。
4月に投稿しました「渡月橋~君想う~」(Short ver.)の弾いて歌ってみた動画。
Youtubeでは現在3000再生を頂いているのですが、なんと、ニコ動でも1000再生を頂きました。
これは本当に嬉しい...!



【Youtube版】


活動を始めてから5年半、ソロの歌ってみた動画では4桁はまだ見たことがありませんでした。
ミックスも何もしてない音源だけど(笑)、おまけにフルサイズでもないけれど、でも、こんなにたくさん再生してもらうことができたんだなぁって、ひとり感動しています。
ポチッと再生ボタンを押してみてくれた方に、感謝を。
観てくれてありがとうございます、聴いてくれてありがとうございます、見つけてくれてとても嬉しいです。
「えいがみた」ってコメントに笑いました、ご報告ありがとうございます、私はまだ観ていません、観たいです。

* * *

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
ドラッグストアで、レジ横にいつも置いてあって気になってた「プロポリスのど飴」を買ってみました。
カラオケに行ったときに、さっそく威力を発揮してくれました、これは効くぞ...。
Ricolaは、マイルドなハーブ感でしたが、こちらは結構ダイレクトに喉にハーブのスッキリ感が押し寄せてきます。
歌やお喋りで疲れた喉を、短時間で回復させたい時には、オススメかもしれません


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

振り返る

後悔するため、ではなくて、歩いてきた道を確認するため。
多かれ少なかれ、歩いてきた自分がちゃんといるのだと、認めてあげるため。

たまには、ふと、立ち止まって振り返ってみるのも、悪くない。

こんなことを思ったきっかけは、何気なく取り出して弾いてみた「優しい雨(haro)」の編曲前のコード譜。
ところどころ違和感のあるコードが置いてあって、なんとなく引っかかりを覚えながら譜面を追いました。
きっと、作ったときの私にとっては、それが最適解だったのだろうし、そのあと編曲段階であちこち馴染むコードに置き換えてもらってるから、動画として公開している「優しい雨」は、とてもいい感じです。

このコード譜(元)を渡されたら、そりゃぁ弾きづらかろうし違和感だろうし...そう思うと、うまいことアレンジしてくれた まさきさんには感謝しかありません。
同時に、約1年半前に書いたものを「なーんじゃこれは」と思える自分がいることにも気づくのです。
「優しい雨」を弾いてみた後に、(未発表で)一番最近コードを付けた譜面を弾いて歌ってみると、明らかに後者の方がメロディーに寄り添っていて、頭の中に描く雰囲気に合ったコードが置かれているのです。
気のせいかもしれないけれど。(笑)
目に見える分かりやすい形はないけれど、1年半前に比べたら、2年前に比べたら、小さいながらも蓄積ができて、選択肢が広がって、(その時の)最適解にたどり着くまでの時間も短縮して、いるのかもしれない。
そう考えたら、「なーんじゃこれ」と思える自分がいることが嬉しくなります。

反省するため、後悔するため、ではなく。
自分の進んだ歩数を確認するために、振り返る。
「あんなにダメだったんだなぁ」よりも、「こんなにできるようになったんだなぁ」と認めて、褒める。
「こんなにできるようになった」私の、さらなる可能性を信じる。
私が、誰よりも一番の私自身のファンになる。

好きこそものの上手なれ。
人は死ぬまで成長できる。
好き、の原動力は、偉大だ。

* * *

好きこそものの上手なれ、とか言っておきながら、いつまでも拙い私の演奏技術。
それでも、弾いて歌っちゃう。
好・き・だ・か・ら☆(笑)
4月上旬に、またまた(弾けてない)弾き語り動画を公開しました。
鬼束ちひろさんの「惑星の森」を弾いて歌ってみました。
まずは、こちらをどうぞ。


Youtube版

弾けてない代わりに、背景の動画編集張り切りました。
必殺「斜めクリップ」!!!!!

投稿してから気づいたのですが、音源に対して、1拍分(もうちょっと?)映像の方が前にずれているのですよね...。
編集時のミスです、もし気づいて、音と映像のズレで気持ち悪くなっちゃった方がいたらごめんなさい。
いや、目を凝らして見るような伴奏でもないので、(バレてない、バレてない...)とは思っているのですが、念のため。(笑)

究極に簡単なコードを置いて弾いています。
セブンス?そんなの置いたら一生「歌ってみた」ができない\(^o^)/

コード譜も配布中です。
フルサイズではないので需要はあまりないかもしれませんが、気が向いたらぜひDLしてみてくださいね。
違和感のある箇所は、好みの音に置き換えてくださいませ♪

「惑星の森」(コード譜)※クリックで新窓オープン

全ての「カバー楽曲の麻弥子流コード譜」は コチラ (クリックで新窓オープン)
ダウンロードはご自由に☆

コード進行は、ピアノベースで作っています。
ギターだと「なにこの進行、弾きづらっっっ!」ってなことになるかもしれません。
弾きやすいように変えてくださいませ♪

* * *

最近また、一眼カメラが楽しい季節です。
レンズに傷入ってるけど(致命的)
月末に大好きな場所へ行けることになったので、大好きな風景、たくさん撮ってこようと思う。
何人か、友人たちに会えそうなのも嬉しい。

IMGP3481_001_m.jpg
今年の桜は、今週の暖かさと強風雨で散りました。
満開は一瞬だったけれど、地元の桜の満開の瞬間を初めてちゃんと撮れた気がします。

IMGP3515_001.jpg
「泣かないで、空」

ツイッターにて、一眼デジタルカメラ撮影写真をまとめています。
気が向いたらこちらも覗いてみてくださいね♪

 ◆麻弥子の勝手に写真展(クリックで新窓オープン)

それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

呼吸に合わせて

ご来訪、ありがとうございます♪
麻弥子です(ノ´ ∀`)ノ

ようやく桜が咲き始めたぞ~と思いきや、週明けまでの雨予報。
人生って、そんな感じだ。
一瞬のチャンスを逃さずに、桜を愛でるのですよ、みなさま...!

* * *

久しぶりにTMBOX(聴いてなう)に音源を投稿しました。

モアナと伝説の海「どこまでも~How Far I'll Go~」を歌ってみた@麻弥子

ひっそりと小声で歌唱ですが、ハモりも入れてみました◎

調子に乗って動画も作ってみました。
1コーラス分でTwitterのみの公開ですが、素敵な写真素材を使わせて頂きましたので、ぜひ見てみてくださいね☆


使わせていただいた写真素材は「沈む夕日とグラデーションの夕焼け(ウユニ塩湖)」(宮崎大輔 様)
お借りした演奏音源は コチラ

* * *

昔は、ミュージカルの歌って苦手でした。
特にディズニー映画に出てくる歌たちは、リズムが捉えづらいし、音程だって予想しづらい動き方するし。
この「どこまでも~How Far I'll Go~」も、最初に聴いたときはAメロの受け取りづらさに一歩引きました。(笑)
でも、何度も聴いて口ずさんでいるうちに、ふと気づいたのです。

難しそうに聴こえるけれど、呼吸に寄り添ったメロディーだし、リズムだ、って。

ミュージカルの中で登場人物が歌う曲って、感情が溢れ出した結果。
心の中で留まれずに、声に乗って流れ出た想い。
それは少し前のめりで、情熱を帯びていて、誰かに聴かせるように、自分に言い聞かせるように、零れ出たことばたち。
嬉しいときの鼻唄のように、でもそれよりももう少し輪郭を持ったメロディー。
吸って、吐いて、の大きなリズムの中に溶け込んで、歌になる。

そう思ったら、すんなりとリズムもメロディーも入ってきました。
「生きること」と「音楽」が隣合わせにあるミュージカルは、音楽にとって一番素朴な形なのかも。
そこには、難しい理論なんか何もなくて、ただ上下する感情に言葉と音が結びつくだけ。
ただその一瞬だけで消えてしまうかもしれない、自己完結の歌。

...いろいろ書いたけれど、肝心の「モアナと伝説の海」本編は観ていなかったりする。(笑)
先日、映画館に行ったときにはあまり興味なかったけれど、曲を聴いたら観てみたくなりました。
エマ・ワトソンの「美女と野獣」ももうすぐ公開だし、2本立てで鑑賞しに行くのもアリかなぁ。

嬉しいときも、悲しい時も、心の中に現れることばと音を、大事にして生きていきたい。

* * *

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
今週は、モアナ「どこまでも」と、鬼束ちひろ「惑星の森」を交互に聴く日々でした。(両極端!)
カリンバ鳴らしてみたり、キーボードで好きな曲のコード拾ってみたり、音楽が楽しい。
「音楽が楽しい」って、「頭痛が痛い」と似た日本語の弱さを感じるけれど(笑)、まぁ、いいか。


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

動き出す、4月

ご来訪、ありがとうございます♪
麻弥子です(ノ´ ∀`)ノ

4月がやってきました。
わくわくと、どきどきと、不安と、期待と、憂鬱と、希望と、いろんな感情がないまぜになる、濃い濃い季節。
あなたの新しい日々は始まりましたか?
「新」って不思議で、「新年」も、「新学期」も、「新年度」も、私という人間は昨日の続きなのに、なんだか生まれ変わるような感覚になる。
毎日が「新」だと疲れちゃうけれど、人生を細かく区切ってくれる言葉や定義があるおかげで、何度だって「新しい自分」を始められる。
ちなみに、ここ数年の私は、誕生日が来るたびに、しんどさや辛さは新しい歳に持ち越さずに置いてきた、はいサヨナラ!って設定で生きています(笑)
みなさんも私も、たくさん笑える2017年度になりますように♪

* * *

今日は嬉しいことがあったのでブログを更新しました。
先日公開した弾き語りカヴァー動画「渡月橋 ~君 想う~」のYoutube版の再生数が、ありがたいことに4桁になっていました。

これまで投稿活動をしてきて、ソロの歌ってみた動画ではまだ4桁再生は達成したことがなかったので、驚きで逆立ちしそうになりましたが、そもそも逆立ちはできませんでした。
興味を持って再生ボタンを押してくださった皆さまに感謝を。

そういえば、Twitterではちらっと書き添えましたが、動画の中で使っている格子窓の紅葉の写真の場所は、京都の智積院です。(クリックで拡大)
紅葉1_加工
紅葉のベストシーズンでもあまり人がいなくて、落ちついて紅葉を楽しめます
関西に住んでいた学生時代は毎年、京都の紅葉を撮りに行ってました。
京都市内・近郊、石山寺(滋賀)辺りは一通り行ったんじゃないかな、と思います。
春は桜や新緑を撮りにも、あちこち。
気が向いたら、今年の秋にでも訪ねてみてくださいませ、智積院。
庭園だけでなくて、講堂や国宝など、見どころいっぱいなのですよー(ノ´ ∀`)ノ
(あれ、何の宣伝だろう...?笑)

* * *

外を歩きながら、何気なく道端に目をやったときに黄色い花が目に飛び込んでくると「春が来たんだな」って感じます。
夏のひまわりに見る太陽に似た黄色と少し違って、冬がゆっくり終わってゆく中で咲く黄色は、ほんとうに嬉しそう。
ふと振り返ってみると、冬の中に自然の黄色って、ほとんど無いことに気づいて、なるほどこれは花が嬉しそうというより、目を通して自然界の黄色をキャッチした私の心が弾んでいるんだなぁ、と。
毎年毎年、10年も20年も繰り返してきたはずの季節の循環、色の巡りのはずなのに、今こうして気づけることがあるって、嬉しいことなのかもしれないですね。
世界は色に満ち溢れている。

さて、最後まで読んでくださってありがとうございます♪
4月に入った途端に、アウトプットモードに入りました。
「月が変わる」というのも、私にとっては大きな区切りかもしれません。
1年が「月」の区切りなく「1~365日」までの線上だったとしたら...あっ、考えるのやめとこう...(笑)

そして、アウトプットモードなタイミングで、単発コラボが始動しました。
お声掛けくださった方に感謝しつつ、素敵な作品になるよう、わくわくをたくさん詰め込んで制作していこうと思います。
新しいチャレンジもあります、「私にできるかな」って不安がないわけじゃないけれど、好きなことだから、きっとできる、きっと楽しめる。
どうぞ、お楽しみに♪


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

アップデートして生きていく

最初に出会ったときの印象で、そのあと一生を過ごすのは、ときにもったいない。

* * *

例えば、音楽作品。

朝、通勤中にラジオから流れた曲は、ぼくのりりっくのぼうよみ最新アルバムの1曲。
ぼくりりさんの曲は、以前に違う曲を聴いたときに何だかピンとこなくて、苦手な印象だけが記憶に残っていました。
でも、今日聴いた曲は、「あ、なんかいいな。好きかも」って感じまして。
そういえば、同じように、DAOKO(ダヲコ)も4年くらい前に初めて聴いたとき苦手な印象を持ったけど、1年前だか半年前だかに何気なく最新曲を聴いてみたら、とても素敵で、「苦手」「好きじゃない」という意識が変わっていくのを感じたなぁ、と。
なぜDAOKOかというと、たまたまラップつながりで思い出しただけだと思う。

「好き」は、一番最初のそう感じたときの感覚をずっと持っていてもいいと思う。
そのアーティストの一番最近の作品が、自分の中でピンとこなくても、「好き」と感じたときの作品のことを嫌いにならなくていいし、その作品ひとつが、アーティストに好印象を持ち続ける十分な理由になっていいと思う。

逆に、「苦手・嫌い」は、時を重ねるごとに「更新」してみてもいいんじゃないかな、って思う。
アーティストの最新作を聴いて、アーティストに対する印象を更新する。
同じ作品を聴いて、「今の私」でその作品に対する印象を更新する。
やっぱり「苦手」かもしれないし、前述の私のように「おや?なかなかアリかもな」ってなることもある。
第一印象を一生引きずるのは、実にもったいないし、痛みの消えた古傷の話を延々とするような疎ましさすらある。

絵も、小説も、映画も、同じ。
作品1つに対する印象の更新は、「変わらない作品」と「流れた時間の分だけ変わった私」が向き合った結果。
アーティストに対する印象の更新は、「進化(衰退)する作り手」と「成長し、知識も感情も少しずつ豊かになってゆく私」が対峙した結果。
「好き」が「やっぱり好き」になるにしても、「苦手」が「やっぱり苦手」になるにしても、その「好き」は、「苦手」は、その時々で微妙に異なるように思うのです。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」という作品が好きです。
DVDは持っていませんが、初めて映画館で観てから、何度もテレビ放映されて、その度に観てきました。
何回見ても「やっぱり好き」ですが、私の思考や感情は日々変化してゆくわけで、テレビ放映されるたびに新たな視点で見ている私がいて、共感する部分も、疑問に思うことも、ときめくポイントも、笑ったり、考え込む場面も少しずつ変わってゆきます。

何回トライしても「苦手」を塗り重ねていくものもあるけれど...ネギとか。
ネギとか。
あと、ネギとか。

自分自身に「私は○○が苦手な人間」というレッテルを貼らないで生きていきたい。
あのときの私とは相性がよくなかっただけ。
時間が経てば、もしかしたら未来の私は心地よさを感じるかもしれない。
別の何かを思うかもしれない。
そのチャンスを、何度だって、自分に与えてみたい。

あと、ほんの少し話が逸れるけれど。
「好き」は、どんどん口に出していいと思うけれど、「嫌い」はわざわざ口に出さずともよいのではないか。
誰も幸せになれないワード。
黙って、もっと「好き」なものを探せばいい。
人生において、好きなものは、多い方がいい。
「これが嫌い」が多い人より、「これが好き」が多い人の方が、なんとなく、輝いて見える気がする。

* * *

そんなわけで、haroの過去作品にピンとこなかった方も、ぜひ最新作を聴いていただけたら嬉しいです。(なんという着地点!!!)


今回の記事には全く関係ないけど、今週はひたすらこの楽曲を聴いておりました
クロード・ドビュッシー/交響詩「海」

ドビュッシーは昔から好きだけれど、まだまだ知らない曲があるなぁ。
ピアノ曲をメインに聴いていたから、この交響詩「海」も、タイトルを知っているだけで聴いたことはありませんでした。
オーケストラでも、やっぱりドビュッシーの曲だなぁって感じ取れるところがあって、面白い。
それぞれの楽器のこと、全然詳しくないし、スコアを目で追いながら楽器ごとに聴きたいな、ってなってる。
詳しくないけど、「好きなものは好き」だから、私はドビュッシーの音楽が「好き」!

* * *

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
日付が変わって、今日は旧暦の正月。
2週間ぶりに身体のメンテナンスもして、喉もリセットされて、またここから動き出すぞ、という気持ち。
新しい年の、始まり、パート2ということで。


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

片隅の心地

知らずにいてもいい穏やかさ、が、あってもいいんじゃないかなと、思うのです。

世界は日々、凝縮されて私の周りに近づいてきて、私はいろんなことを知ることができるけれど。
世界が進化するのと同じスピードで、私の精神は進化しているわけではないわけで。
気付かぬ間に、目に触れた耳に触れた「世界のできごと」を、うまく処理しきれなくなっている。
さらり、と受け流しているつもりでも、「世界のどこかはこんなに悲しみに暮れている」と、心ざわめかせ、ささやかな自分の今日の幸せにそっと蓋をする。
なんだか申し訳ない気持ちとともに。

いまや世界は、否応なしに手元に飛び込んでくるから、とても難しいことだけれど。
行ったことのない土地にだって、大事に思う人がいる世の中だから、難しいことだけれど。

少し前の世界だったら、この出来事は、この情報は、きっとこんなにリアルタイムに私の元へ流れ込んでくることはないだろうな、そうしたら、何も知らない私は、きっと今日一日の自分や自分のごく身近な「リアルタイム」だけを振り返って、消化して、眠るんだろうなって、考えてみたりするのです。
一日遅れて、半月遅れて届けられた「世界のできごと」は、もうすでに「過去」で、そのときの私はきっと、リアルタイムで知るよりもきっと、ほんの少し俯瞰で接することができる。

痛みを分け合うことは、悲しみに寄り添うことは、美しいかもしれない。
でも、持ち得る時間は今も昔も変わらないから、勝手に貰い受けた「知らない誰かの痛み」を処理することに心を砕いて、自分以外の誰かにとっては何てことない、だからこそ私にしか大切にされることのない「ささやかな幸福」を犠牲にして、見逃して。
それは、とても淋しい気がする。
私の世界をしっかり抱え込んで、それでもなお受け止められる余白があるのなら、世界にどんどん手を伸ばしてよいと思う。
誰かのために祈ってもよいし、感情に寄り添ってもよいと思う。
その世界を救うために、自ら干渉できるくらい、大きくて頑丈な心を持った人も、きっといるんだろう。
でも、自分が元気でいられなくなるのなら、溢れ出てしまうのなら、まずは、自分の世界とうまく付き合っていくことが、大事なのかもしれない。

なんていうことを、今日もまた、特に意味もなく、考えたりしたのでした。

要は、何世代も前の古いPCで動的広告がびゅんびゅんなブラウザ開いたらフリーズするでしょ、そんな感じ。
低燃費な人間になれたら、穏やかに生きていけるのかもしれないですね。
でも、それじゃきっと、今の私もいないから、ときどきは「知らない見えない聴こえない」と言い聞かせて、世界とうまく付き合っていくのがいいんだろうなぁ。

......と、まぁ、そんなことを考えていたら、映画「この世界の片隅に」が頭に浮かびました。
観に行ってないし、まったく欠片もイメージが掠らないかもしれないけれど。

今年は、こんな感じで、「音楽」の「お」の字も見えない...!な記事も多くなるかもしれません。
思考が整理しきれていなくて、一文が長かったり、着地点が見えづらかったり、読みにくい文章かもしれません。
でも、私の中では、確実に「表現すること」「音楽」とつながっているので、気が向いたときにはお付き合いいただけたら幸いです♪

* * *

満月の夜はmoumoon。
ネット配信のmoumoon「FULLMOON LIVE」で、今夜も幸せなひとときでした。
いつもに増して、ギター・柾さんとボーカル・YUKAさんの混声ハーモニーが響き合っていて、とても心地よかったなぁ。
やっぱり、女声だけ、男声だけより、混声はとても好き。
柾さんの軽やかながらしっかり支えるハモりに、YUKAさんのふわふわした、でもしなやかな声が乗っかって、耳に流れてくる。
そしてYUKAさんの英詞の歌唱が今日も素敵。日本語の部分も素敵だけれど、英語はとにかく素敵。

何気ない会話のなかで、「結わえて」って、さらりとその言葉を選ぶところに、あぁ、だからこの人の書く詞が好きなんだなぁと腑に落ちました。
ことばを丁寧に扱っている姿に、ますます惹かれました。

* * *

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
読書も勉強も音楽も、また明日にしよう。
どうぞ、素敵な満月の夜を


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

例えば、このメロディーが

誰かの人生の一瞬にぴたりと重なったら。
その人の歩いてきた日々の風景を呼び起こしたら。
ある日のできごと、交わした会話、感情に、ぴたり、とリンクしたら。
とても嬉しいことだなと、思う。

自分が作った音楽は、聴いた人が何を想像してもいい。
どんなイメージを抱いてもいい。
「こんな風景が見えたよ」
「こんな色を、温度を、感じたよ」
「あのときのこんな感情を思い出したよ」
「あの瞬間を思い出したよ」
そんな風に、聴いた人の人生の一部に接触させてもらえるのが、とても嬉しい。
私は、そういうタイプです。

どんな風に受け取ってもらえるのか、あるいは受け取ることができないのか。
あなたの人生のなかで、私の音楽は、ことばは、どんな形をしているのか。
もっと知りたいです。

ただ、ひとつだけタブーがある。
それは、断言されてしまうこと。
「こんな風に受け取ったよ」ではなく、「こういう意図で作ったんだろう?」と勝手に決めてしまう人。
まるで私の意思を伝えるかのように「この人はこういう意図で作ったんだよ」と、(悪気なく)伝えてしまう人。
私の心のなかは、私だけのもの。
最初に作ったときの意図と、時が経過して、改めて聴くときに描く光景は、違ったりします。
作った本人でさえ。
受け取ってもらえて、何かを感じてもらえるのは、この上なく嬉しいことだけれど、こういう人を見かけたら、蹴り飛ばしてやろうか...って気持ちが沸きます。ほんの少し。いや、もう少し。(笑)
改めて書いておくのは、自分が誰かに同じことをしてしまわないように。自分で自分を蹴り飛ばすことにならないように。

もちろん、表現する人はさまざまだから、「確実にこの意図を汲み取って欲しい」、「自分が表現したいイメージ以外のものに例えられてしまうのは不快だな」と感じる人もたくさんいると思います。
音楽だけではなくて、絵画だって、写真だって、造形作品だって同じ。
先に述べたのは、あくまで私の場合だけれど、「私にとってのこの作品」と「作者にとってのこの作品」を区切った上で、作者の感性に触れること、自分なりに受け取ることを楽しめたらいいのかなぁ、と思います。

* * *

なーぜ、こんなことを唐突に書いてみたかというと、特に理由はないのですが...。
大学生の頃から、文学享受についてあれやこれや小走りしていたことも関係しているからかもしれません、音楽だって、同じだよなぁ、って思いまして。
テキストの解釈も楽譜の解釈も、存在してきた時間の分だけ、それぞれの時代の生活や思想の中で受け取られてきて、最初の「想い」は少しずつ埋もれていく。
誰も、本当のことは分からない。
けれども、想いが具現化したモノは、目の前にある。
もしかしたらそれは、解釈される過程で、手を加えられて「オリジナル」ではなくなっているかもしれないけれど。

本当のところはどうなのか分からないけれど、それでも目の前にあるこの作品は、大事にして、できれば、次の世代を生きる誰かにも教えてあげたいな。

そう思えるからこそ、残ってきたし、残っていくんだろう。
いろんな人が、オリジナルに込められた想いに辿り着きたい、と何度も何度も思考するんだろう。
そんな何かをひとつでも送り出せたのなら、とても幸せかもしれない。

後半、無理矢理まとめた感が否めないですが、まぁまぁなんというか難しいことはさておき、主観的に受け取ることを楽しんでほしいな、ということだと思って頂けたら。

そんな私が、いま、読んでいる本。
20170111211436650.jpg
大好きなドビュッシー曲がたくさん。
音楽関連の本って、とにかく文字がぎっしりな印象なのですが、これはとても読みやすい文章で、さくさくっと読み進められます♪
音楽研究分野の人についてはさっぱりなのですが、あとから著者紹介を見たところ、青柳さんはドビュッシー研究の論文で評価も得ていらっしゃるようなので、他の本も読んでみたいな、って思いました。
あくまで、青柳さんが得た知識で、青柳さんが推定したドビュッシー像なのだということを頭の片隅に置いて。

* * *

さてさて、最後に素敵なメロディをひとつご紹介しておきましょう♪
haroのあれやこれや担当でおなじみ、まさきさんの新年1発目のインスト作品。

あなたにとって、どんなメロディですか?
楽しんでくださいね(ノ´ ∀`)ノ

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
いつもとちょっと空気感の違う記事で、途中でリターンした人もいるかもしれませんね。(笑)
このあとは、ドビュッシー曲をBGMに『ドビュッシーとの散歩』の続きを読んで、音とことばで旅しようと思います☆


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

偏りがちな人生だから

ご来訪、ありがとうございます♪
麻弥子です(ノ´ ∀`)ノ

IMG_20170101_003016.jpg
2017年が始まりました。
明けましたね。たぶん、明けましたよね。
おめでとうございます。
本年も、音楽しますので、どうぞよろしくお願いいたします。


全力の画力です。ご笑納ください。

さて、今年はどんな風に音楽と生きましょう?
ふわっと、1年間の目標を立ててみました。

1.新しい感性や感覚に出会う機会をたくさん引き寄せる。
ライブやコンサートだったり、展覧会だったり、素敵な絵や写真や造形物、音楽、ことば。
そして、それを生み出す人の頭の中の風景。
触れる機会、覗く機会、たくさん引き寄せたいなと思います。

2.採譜の習慣化
譜面書くの、本当に苦手なんですよね。
でも、もっと気楽に考えて、どうしたら「譜面を書く」ことのハードルを下げられるか、私目線であれこれ試す年にしようと思います。
文字に書きとめることで確実に思考を残すように、譜面に音符と休符を並べることは頭の中に浮遊するメロディーを確実に残す手段。
楽しめる方法を模索したいと思います♪

3.ことばの選択肢を増やす。
今年は、辞書とか辞典、図鑑なんかを「読み物」として楽しみたいな、と。
単純に面白いと思うし、自分の中に「ことばの選択肢」を増やしたいのです。
頭の中のイメージや感情を、ことばに変換するのは、どうあがいても「近似値」にしかならない。
でも、選択肢を増やすことで、「限りなく近い」ことばを与えることができるかもしれない。

4.楽器がんばる。
おぉっと、突然雑なやつが来ました!
言わずもがな。いい加減ちょっとくらい弾けるようになれ、私。
せめて鍵盤との良好な関係を築け。

5.haroでCDつくる。
これは昨年からの継続目標です。今年も隙あらば目指していきます(ノ´ ∀`)ノ

私の場合、コンスタントに目標に向かって日々是鍛錬、というより、疾走!ときに停止!放棄!迂回!からの猛スピード、というムラがありすぎる感じになるとは思いますが、まぁ、それも一興。
一年後、どんな振り返りができるか、楽しみに日々を過ごそうと思います。
ちなみに今日は、疾走!な日だったようで、仕事終わりに帰宅してからの図書館に行って6冊ばかり借りてくるというレアな行動力を披露しました。
全部読まなきゃ、なんて欠片も思っておりません。
半分くらいは、ぱらぱらめくって1個でも頭に残ればいいや、っていうスタンス。

* * *

昨年度末、いつもはさらっと聞き流している楽曲の1フレーズが、妙に浮き上がって耳に残りました。
坂本真綾さんの「おかえりなさい」の最後の歌詞。

生きることは、忘れること。今がいつも一番輝いてる。



そうかもね。
そうなのかもしれないね。
忘れてゆくことは、ときに少し切ないけれど、でも、忘れるからこそ、新しい明日をこの手に招くことができるのかもしれない、ね。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
今年もたくさんのお知らせをお届けできますように。
そして、みなさんの輝く日々にたくさんの素敵な音楽が流れますように。


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

音を紡ぐ場所

ご来訪、ありがとうございます♪
麻弥子です(ノ´ ∀`)ノ

年末年始のご予定はお決まりですか?
私は久しぶりに、高校の友人たちとの忘年会に参加することにしました。
私がいた学科は2クラスで、今回誰が来るのかよく分かっていないけど(笑)、誰がいても多分面白い話が聴けると思うので久しぶりに会ってみようかなぁ、と。
愛すべき変人しかいない学科(学校?)だったので、現在の生き様もさまざまで、たぶん話題には事欠かないと思うので、楽しみ。
高校時代にほとんど話したことが無い人がいても何とかなる感じがね、すごいなぁと思います。
卒業してから初めて話したり、交流が深まった学科仲間がたくさん。
ここ数年は、精神的にも体力的にも余裕が無くて、誘ってくれる人たちに申し訳ないなって気持ちだったけれど、これからまた少しずつでも会う機会を増やせたらいいなぁ。
もちろん、高校の友人たちだけじゃなくて、他のいろんな人と会う機会も、いろんな場所へ行くチャンスも。

今回も、ささやかな日々のお話です。
よろしければ、あたたかい飲み物とともに、お付き合い下さい♪

*絵画のハナシ*

先日、amさんの原画(水彩画)「日々の音」をお迎えしました。
複製画やポストカードでもきっと十分に魅力的だけれど、やっぱり紙に描かれたそのままの状態から伝わってくるものはたくさんあって、いいなぁと眺めるたびに心がときめきます。
20161220221653137.jpg

amさんの絵に出会ったのは、「憂鬱B/haro」を制作していたとき、今年の1月です。
イメージにピッタリなイラストを探していたときに出逢ったのが、amさんの「どこまでだっけ」という作品でした。

それから、amさんのいろんな作品を拝見して、そのたびに心惹かれてきました。
展示即売会に参加されてたり、個展も開かれたりしていたのですが、遠方でなかなか行けず...。
いつか個展見に行ってみたいなぁ、と思いながらamさんがSNSにて公開している作品たちを眺めていました。
そんな折、原画の通販の告知が。
たまたまリアルタイムで販売開始のお知らせを見かけて、WEBページへ。
そこにあったタイトルと、絵に、一瞬で惹き寄せられました。

「日々の音」

この作品を傍らに掲げて、これから先、音やことばを紡いでゆきたいな、と。
些細なことだけれど、もしこの絵が違うタイトルを持つものだったら、私は手を伸ばさなかったかもしれません。
素敵な作品だな、で終わっていたかもしれません。
この絵と、このタイトルと、2つがあって、強く惹かれたのだと思います。
音楽の満ちる場所に、ずっと飾っていようと思います。

* * *

素敵な絵画が私に動力をくれたのでしょうか、ついでに音楽の作業スペースを一新しました。
先の写真は先日のもの、そしてこちらが配置替えした音楽スペースです。


いろいろ動線がよくなかったり、必要なものを取りづらかったり、とにかく何をするにも「理想の手数より、ひと手間かかる」空間だったのです。
音楽関係の本棚を動かすために、中身を全部出したり、機械関係の配線に唸ったり...(笑)
おかげで、以前より少しは作業しやすい環境になったかな、と思います。
この新しい環境で、まずは...年賀状を作るところから。(音楽じゃない...!)

午前中に終えて、午後は音源作るぞー!って意気込んでいたのに、ライフポイントがゼロでした。
午後の記憶がありません、とってもよく寝ました。
なにか不穏な夢を見たけれど、動き回って疲れたせいだって思うことにしよう。

大きなものの配置を変えると、何かしら部屋の中の空気の流れも少し変わる気がします。
微妙に空気の通り道が変わるのでしょうか。光が反射する場所も変わりますしね。
来年の私に存分にやりたいことやってもらうために、今年のうちにいろいろ整えておきたい、そんな感じの年末。

* * *

20161220221656555.jpg
最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪

それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

プロフィール

麻弥子/mayako

Author:麻弥子/mayako
ニコニコ動画にて「歌ってみた」動画を投稿しております。
新作投稿のお知らせ等、載せていきます。

どうぞ、よろしくお願いします(ノ´ ∀`)ノ

何かございましたら、下記アドレスまでお願い致します。
mayako25☆gmail.com(☆→@)

※アイコンby ponkoさま

最近の投稿作品

最新記事

カテゴリ

ニコ生コミュニティ

Twitter

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
▲ top